トニー・アン、イ・スグン、タク・ジェフン(左から)など、違法賭博で起訴された芸能人らに懲役6月と執行猶予1年の判決が下された。|ムン・ビョンヒ記者

 

[スポーツソウルドットコム|イ・ゴンヒ記者] 違法賭博容疑で起訴された有名芸能人3人、トニーアン(35、実名:アン・スンホ)、イ・スグン(37)、タク・ジェフン(45、実名:ぺ・ソンオ)に裁判所が執行猶予の判決を下した。


27日午前、ソウル中央地方裁判所で開かれた公判で、裁判所はトニー・アン、イ・スグン、タク・ジェフンに懲役6月と執行猶予1年を下した。
裁判所は「被告人の社会的地位を考えると、常習賭博は社会的影響が大きい。しかし、調査と裁判の過程で犯行を認めて深く反省する点、犯罪前歴がなく再び犯罪を犯さないと念を押した点などを量刑に考慮した」と判決理由を明らかにした。


三人は去る2008年から2011年まで、携帯電話で海外のスポーツ競技にお金をかけ、その結果に応じて配当金を受ける違法賭博に2億9千万ウォンから3億6千万ウォンをベティングした疑いを受けていた。彼らは先月、振付師のオム氏、イ・スクンのマネジャーキム氏などと一緒に起訴された。また、一緒に違法賭博に手出した歌手のアンディ、タレントのブーム、芸人のヤン・セヒョンなどは略式起訴され、それぞれ罰金刑を言い渡された。


今月6日に開かれた1次公判で、彼らは検察の公訴事実をすべて認めた。検察は、トニー・アンに懲役10月に執行猶予2年、イ・スグンに懲役8月に執行猶予2年、タク・ジェフンは懲役6月に執行猶予2年をそれぞれ求刑した。

 

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10