少女時代のティファニーが「YouTube Music Awards」で“今年のミュージックビデオ賞”を受賞した後、流暢な英語の実力で感想を語っている。|YouTube Music Awards

 

[スポーツソウルドットコム|イ・ゴンヒ記者] 9人組ガールズグループ少女時代の『I got a boy』が、「YouTube Music Awards(YTMA)」で、今年のミュージックビデオ賞を受賞した。 3つの部門の候補に上がったPSYは、受賞できなかった。


少女時代の『I got a boy』は4日午前(日本時間)、米ニューヨークで開かれたYouTube Music Awardsで、PSYの『ジェントルマン』をはじめ、レディー・ガガ、ジャスティン・ビーバーなどを抜いて一年間、YouTubeで最も広く愛されたミュージックビデオに選ばれた。同日の授賞式には、少女時代のメンバー・ティファニーがチーム代表として出席した。
ティファニーは流暢な英語で、「信じられない。YouTubeは私の良い友人であり、皆さんの友人だ」と受賞感想を語った。続いて、「この賞を受けるとは思わなかった。少女時代を代表してファンに感謝の気持ちを伝えたい」とファンに愛情を表現した。


少女時代と一緒に“今年のミュージックビデオ賞”の候補に上がったPSYは、“今年のアーティスト賞”と『江南スタイル』で“YouTubeのトレンド賞”の候補にも名を連ねた。しかし、PSYはテイラー・スウィフトの『I Knew You Were Trouble』に“YouTubeのトレンド賞”を渡すことになった。また、エミネムに押され、“今年のアーティスト賞”も受賞できなかった。


YouTube Music Awardsは、今年初めてできた授賞式で、“今年のミュージックビデオ”、“今年のアーティスト”、“YouTubeのトレンド”など6部門の受賞者を選ぶ。授賞式は、YouTubeを通じて全世界に生中継された。
 

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10