A Pinkのホン・ユギョンがチームを脱退したことに対してネチズンによる論争が起こっている。|スポーツソウルドットコムDB

 

[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] ガールズグループA Pinkのホン・ユギョンの脱退と関連し、一部のファンらが所属事務所側による一方的な退出決定という疑惑を提起した。


A Pinkの所属事務所であるA CUBEは、前日23日、「2011年、4月19日にデビューし、2年間をともに泣きともに笑いながら活動してきたA Pinkのメンバーのホン・ユギョンが、これ以上一緒に活動できないこととなりました。A Pinkから脱退するホン・ユギョンは、今年大学へ進学するため、これからは学業に専念し、A Pinkのメンバーではなく、同い年の平凡な女子大生のホン・ユギョンに戻りますので、ご応援のほどよろしくお願いいたします」とホン・ユギョンの脱退を伝えた。
しかし、このことに対して一部のファンらが怒りの声を出している。問題は、ホン・ユギョンの父親であるホン・ハジョン氏が、彼女の脱退報道が出たあと、自身が運営するSNSを通じて、「どうせ人生は一度に限るけど、裏切ることはいけない」という書き込みと、「これまで大変なこともあり、『ホン・ユギョンドットコム』を運営してくれてありがとうございました。ユギョンも苦しんだと思います。一ヶ月前に急な連絡をもらったもので…」という書き込みを残したからだ。

ホン・ハジョン氏のSNS。|オンライン・コミュニティより

 

これをみたネチズンたちは、パズルのかけらを合わせ始めた。ホン・ユギョンは今年の3月16日、MBC「Korean Music Wave in Bangkok」以来、A Pinkの団体スケジュールに参加せず、この事実に基づいてホン・ハジョン氏が言及した“一ヶ月前に急な連絡をもらったもので”という書き込みに力を入れた。
結局さまざまな推測が提起され、「ホン・ユギョンと所属事務所の間に不和があった」、「確率は低いけど、メンバー間の不和?」などのルーマーがA Pinkのファンの間で広まった。
さらには、所属事務所側が、「できるだけ早く新メンバーを採用して、来る6月に7人組の体制を整えカムバックする予定」と伝えているため、新しいメンバーを迎入れるためにホン・ユギョンを退出したという疑問の声もある。
ホン・ユギョンのチーム脱退ニュースが報じられたあと、彼女の大学特例入学に関する論争が起こったが、今回彼女の父親の書き込みにより事態は新たな局面を迎えたのである。


一方、ホン・ユギョンは韓国の中堅製鉄製造企業であるDSR製鋼の創設者の孫娘であることが明らかになり、“オムチンタル”として再び注目を浴びている。
〔*オムチンタル: 엄친딸, 엄마(オムマ母)친구(チング友達)딸(タル娘)=母の友達の娘の指す俗語。韓国の母親の間では、互い自分の子どもを比較する癖があり、自分の子に対して、例えば「XXの子は勉強もできるし、親に優しい子だけど、おまえは何でそうなの?」という風に比べたりして、自分の子供がもっとやる気を出すために敢えてそう言っているという。その後、韓国のネットユーザーの間では、「完璧な娘(息子)、完璧な娘(男)」のことを“オムチンタル”(男の場合は、オムチンア(엄친아)と呼ぶようになった〕

 

 

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10