少女時代のユリ、ティファニー、ヒョヨン、テヨン(左から)が、MBCラジオ「ユ・セユンとミュージの親友」に出演した。|提供 MBC

 

[スポーツソウルドットコム|パク・デウン記者] 少女時代のユリ、ティファニー、ヒョヨン、テヨンは、16日に放送されるMBCラジオ・FM4U「ユ・セユンとミュージの親友」の<なぜか夜>というコーナーに出演、最近大きな話題を呼んだスヨンと俳優のウォンビンとの熱愛説について口を揃えながら「羨ましいです!」と心境を吐露。特に中でもユリがすごく焼いていたと付け加えた。


この日の放送では、1日にリリースしたニューアルバム「I GOT A BOY」について、各メンバーが最も気を使っている部分を言及、テヨンは「今回タイトル曲のコンセプトは、ヒールを履かない曲なので、体の比率が一目で分かるから心配だ。だから、写真とか撮られないように早く動いている」と語り、笑いを誘った。ヒョヨンは「振り付けに集中するとどうしても変な顔になってしまう。特に、激しく踊ると鼻の穴が大きくなったりして表情管理が難しい」とウィットに富んだコメントを披露、収録スタジオを沸かせた。
続いて、一番自信がある身体部位を選んでほしいという質問には、ティファニーは脚線美、テヨンはウエスト、ユナは足首、ソヒョンは長い腕、スヨンは身長、ヒョヨンは肩と鎖骨、サニーは唇、ジェシカは足指、ユリは骨盤とウエスト、首のラインだと答えた。
特に、2010年4月まで当ラジオ番組のDJとして活躍したテヨンは、「ラジオ復帰はしたくないか」と尋ねると、「DJはまたやりたいが、家でひとりラジオ放送をやってみたい」と答えた。
もはや、アイドル界の先輩位置になっている少女時代は、「最近、音楽番組とかに出ると、ほとんどが後輩だ。それに新人ガールズグループとかがデビューすると、“少女時代はどけ!”というタイトルの記事とかがよく上がっているので、責任感を持ってもっと頑張らなくちゃ!って思ったりする。反面、少女時代先輩のようになりたいと言ってくる後輩たちをみると負担はあるけど、胸がいっぱいになる」と所感を伝えた。


最後に、今年の願いことを聞く質問には、ティファニーは「少女時代が一番であってほしい」とし、ユリは「すごく忙しく活動しながら、音楽的にも成長する年になりたい」と答えた。テヨンは「海外活動をしながら、新しいことにふれたい。エジプトに一番行ってみたい」と、ヒョヨンは「アリーナツアーで、本当の少女時代をみせたい」と答えた。


少女時代が出演する「ユ・セユンとミュージの親友」は、16日の午後8時、MBCラジオ・FM4Uから放送する予定だ。

 

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10