ハリウッドスターのトム・クルーズが、自身の最新作の映画『ジャック・リーチャー』のプロモーションのため、韓国を訪問した。|ナム・ユンホ インターン記者

 

[スポーツソウルドットコム|キム・ガヨン記者] ハリウッドスターのトム・クルーズ(Tom Cruise)が、“釜山の名誉市民”になることに対し、感謝の気持ちを伝えた。

 

彼は、10日の午前、ソウル・汝矣島(ヨイド)にあるコンラッドホテルにて開かれた、新作映画『ジャック・リーチャー』(Jack Reacher)のプロモーション・記者会見場で、「釜山の名誉市民になる機会を頂いて、とても感謝するし、興奮している。光栄なことだ」と所感を伝えた。
トム・クルーズは、この日の午後、釜山にある<映画の殿堂>にて開催する『ジャック・リーチャー』の来韓記念・レッドカーペットイベントで、釜山広域市から名誉市民として委嘱される。
ハリウッドスターの中で、最も多く韓国を訪問(計6回)してきただけに、ハリウッド俳優としては初めて釜山名誉市民になることになった。
彼は、「美しいソウルにまた来ることができてとても嬉しい。釜山は初めての訪問だが、ソウルではない他の都市でファンに会えることがすごく楽しみだ。釜山の名誉市民になることは本当に光栄なことだ」と付け加えた。


映画『ジャック・リーチャー』(監督 クリストファー・マッカリー)は、イギリスのベストセラー作家、“リー・チャイルド”の犯罪小説を原作とした作品。原作では、5人の人間が殺害された狙撃事件の真相を探る、タフな元米国軍人として描かれており、トム・クルーズが演じる史上最も危険な新ヒーロー・シリーズ映画とも言われている。
 

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10