写真提供:United Artists Agency、Blossom Entertainment


俳優パク・ボゴムと女優ソン・ヘギョがドラマ「ボーイフレンド」で共演する。
9日、同ドラマの制作側が公式に発表した。


政治家の娘で財閥グループの嫁になったチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)と、平凡な日常を幸せに感じながら誠実にいきる純粋な青年キム・ジニョク(パク・ボゴム)の運命的なラブストーリーを描く作品。

映画「7番房の奇跡」「国家代表2」の脚色、ドラマ「タンタラ ~キミを感じてる」のストーリーを書いたユ・ヨンア脚本家と、ドラマ「嫉妬の化身」「エンジェルアイズ」で感覚的な演出力を認められたパク・シヌ監督が意気投合。現在韓国で絶賛放送中のドラマ「キム秘書がなぜそうか?」をはじめ、「医心伝心〜脈あり!恋あり?〜」「彼女はキレイだった」「主君の太陽」を制作したBON FACTORYが制作を担当し、2018年下半期中の放映を目標に韓国のケーブル・tvNチャンネルと編成を検討しているという。


大ヒットドラマ「太陽の末裔」以来、今作で2年ぶりにお茶の間へ復帰するソン・ヘギョ、「恋のスケッチ -応答せよ1988-」「雲が描いた月明かり」などの主演作が成功を収め、アジア中で人気を博しているパク・ボゴムの共演が実現されたことで、視聴者やファンからは早くも期待の声が寄せられている。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10