(注)この記事にはドラマのストーリー(ネタバレ)が含まれています。


写真提供:SBS「スイッチ-世界を変えろ」


俳優チャン・グンソクがお茶の間を揺さぶった。


28日からスタートした韓国の地上波SBSの新水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」は、検事のペク・ジュンスと詐欺師サ・ドチャンという一人二役を引き受けたチャン・グンソクの熱演が繰り広げられ、序盤から一瞬にして視聴者を魅了した。


迷いなく検事に偽装し、賭博詐欺を働く作戦はサ・ドチャン(チャン・グンソク)の大胆な性格をうかがわせた。危機一髪の瞬間にも全く動揺せず、ポーカーフェイスをみせるドチャンは、チャン・グンソクならではの演技でシナジーを生み出し、スリルのあるシーンで視線を釘付けにした。
一方、オ・ハラ(ハン・イェリ)に検事を騙っていたことが発覚したものの、ピンチを乗り切る方法が天才的な詐欺師らしく、ペク・ジュンスが事故で入院したことで彼の代役になったドチャンは、捜査中の麻薬事件を成功に導く秘策を提案し、智略家らしい面をみせつけた。
さらに、検事のジュンスになったドチャンがスペイン文化館で合法的に証拠品を取ろうとして襲撃された突発事態はお茶の間に衝撃を与え、実際にナイフで怪我をしたかのようなグンソクのリアルな演技は息が止まるほどだった。
検事側に言っていた話とは違って全く異なる作戦を実行しながら検事も騙したシーンは、前のシーンと相まって妙なカタルシスを感じさせ、まさにグンソクの見事な演技が視聴者までを騙した名場面となった。


また、検事ジュンスを通じてスマートな魅力を放ち、ドチャンとは相反するオーラで正義の味方のように振る舞い、ストーリーに立体感を与えた。それにドチャンもただ頭のいい詐欺師ではなく、人間的な魅力を揃えた人物で表現。秘密に包まれた過去を劇的に描いた。
1夜2話連続放送のドラマは、そんなチャン・グンソクの演技でお茶の間を掌握し、彼にぴったりなキャラクターとグンソク自身の努力による役作りで視聴者からも絶賛の声が相次いでいる。



THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10