写真:C-JeSプロダクション


俳優チャン・グンソクが天才詐欺師サ・ドチャンに扮するSBS新水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」(脚本:ペク・ウンチョル、キム・リュヒョン、演出:ナム・テジン、制作:C-JeSプロダクション)の撮影初日の風景が7日、公開された。


合法と違法の境を自由に行き来する“詐欺”を題材にしたストーリー。歪んだ社会に痛快なパンチを打つ風刺が描かれ、お茶の間に愉快な笑いと波乱を巻き起こすに違いない今作で、チャン・グンソクは検事になるために司法試験を準備するほど優れた頭脳をもっているが、検事にはなれなかった天才詐欺師のサ・ドチャンと、法と原則だけを貫き通す“典型的な検事”ペク・ジュンスという一人二役に挑戦する。


今回制作側が公開したスチールは、サ・ドチャンの過去がわかるシーンの一部で司法試験を準備する受験生時代のドチャンが描かれている。
チャン・グンソクはいざ撮影が始まるとすぐ真剣な表情に切り替え演技に集中する一方、休憩中には別のカメラに気づき、目を合わせながら優しく微笑みを浮かべた。






チャン・グンソクが受験生サ・ドチャンに扮する場面の撮影は、2月14日、韓国・仁川の江華郡で行われた。監督をはじめ、俳優、スタッフの皆が気合を入れてスタート。チャン・グンソクは終始明るく笑顔をみせながら現場の雰囲気を盛り上げたという。
また、カメラが止まった時には監督とそのシーンについて意見を交換しながら細かくチェックし、撮影を続けていた。そしてドラマで描かれる状況の中に感情を移入し、短い場面でも変化していくキャラクターの感情を見事に表現した。


さらに、チャン・グンソクはサ・ドチャンとペク・ジュンスの一人二役を準備しながら、セミロングのヘアを短くカット。外見から内面まで隙のないキャラクター作りに励んだ。
そんなチャン・グンソクについて、制作側は「前作とは違う演技変身への覚悟と情熱をみせながら熱心に撮影に臨んでいる。チャン・グンソクが披露する天才詐欺師とはどんなキャラクターなのか、『スイッチ』というドラマはどんなストーリーを描いていくのか、視聴者の皆さんにはぜひとも楽しみにしていただきたい」と期待感を募らせた。


チャン・グンソクの2年ぶりとなるドラマ復帰作として注目を集めている「スイッチ-世界を変えろ」は、3月中に韓国SBSチャンネルにて放送される予定だ。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10