写真:C-JeSプロダクション


俳優チャン・グンソクが一人二役で演技変身に挑むSBS新水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」(脚本:ペク・ウンチョル、キム・リュヒョン、演出:ナム・テジン、制作:C-JeSプロダクション)の予告スチールが6日、公開された。


合法と違法の境を自由に行き来する“詐欺”を題材にしたストーリー。歪んだ社会に痛快なパンチを打つ風刺が描かれ、お茶の間に愉快な笑いと波乱を巻き起こす見通しだ。


今作でチャン・グンソクは、検事になるために司法試験を準備するほど優れた頭脳をもっているが、検事にはなれなかった天才詐欺師のサ・ドチャンと、法と原則だけを貫き通す“典型的な検事”ペク・ジュンスという一人二役に挑戦する。特に、詐欺師と検事という両極端なキャラクターを披露するチャン・グンソクの演技変身が大きな見どころとしてファンの期待を集めている。


1次ティザー「詐欺師、思いがけなく検事になる!」

https://youtu.be/7ct1bZ7tqJw



1日に公開された第1次ティザー映像では、チャン・グンソク演じるサ・ドチャンが率いる詐欺グループの4人が登場。その後はソウル中央地検の刑事第6部所属のペ・ジュンス検事の写真がサ・ドチャンの顔に変わり、高層ビルの間にいるサ・ドチャンの全身がペク・ジュンスへ、またサ・ドチャンに変身する過程が描かれ、視線を釘付けにした。
何よりチャン・グンソクは、刹那に変わるまなざしと表情からサ・ドチャンとペク・ジュンスの人物像を上手に表現し、2人のキャラクターに強烈な印象を与えた。


写真:C-JeSプロダクション


この撮影が行われた日、チャン・グンソクは2つの相反したキャラクターを演じるために、他の俳優たちより数倍の時間をかけながら心血をそそいでいた。1人のキャラクター撮影が終わると、ヘアや衣装はもちろん、それぞれ異なる感情移入に集中し努力した。さらに、OKカットが出るたびカメラのところに駆けつけ、細かくモニタリングするなど作品に対する格別な思いをみせた。


ドラマの制作側は、「チャン・グンソクは今回公開された予告スチールでも分かるように、サ・ドチャンとペク・ジュンスという一人二役を短いけどインパクトのある演技で披露した。スチールから感じられる強烈さと躍動感あふれる熱演がドラマで繰り広げられる予定なので、ぜひとも楽しみにしていただきたい」と期待感を募らせた。


チャン・グンソクの2年ぶりとなるドラマ復帰作として注目を集めている「スイッチ-世界を変えろ」は、3月中に韓国SBSチャンネルにて放送される予定だ。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10