写真 JYPエンターテイメント


飲酒運転が摘発され自粛している2PMのJun. Kが、日本ソロツアーを予定通り開催する。


2PMの所属事務所JYPエンターテイメントは27日、「Jun. K (From 2PM) Solo Tour 2018 “NO TIME” の開催及び、リリースに関して慎重に協議を重ねて参りましたが、日本でのツアーに関しては予定通り行うことにいたしました」と発表した。また、3月21日に発売を予定したJun. Kの4th Mini Album「NO TIME」を4月4日に発売することを伝えた。


一方、Jun. Kは今月10日午前7時ごろ、ソウル・江南区の新沙駅近くの道路で、飲酒運転の取り締まりを行なっていた警察に摘発され、物議を醸した。当時、Jun. Kの血中アルコール濃度は0.074%で、免許停止の処分に該当する水準だった。警察は、道路交通法違反(飲酒運転)の疑いでJun. Kを在宅立件した。
同事件についてJun. Kは「瞬間的な判断が愚かだった。飲酒運転がどのように大きな誤りであることを知りながらも、このようなミスを犯した私自身を振り返り、深く反省する」と謝罪した。所属事務所もJun. Kの活動をしばらく中止すると発表したが、「海外のパートナー社とすでに契約されているスケジュールについては、パートナー社の意見を尊重し、進行可否を決める」と伝えた。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10