내용을 입력해주세요


女優のソン・イェジンが約5年ぶりにドラマに出演する。


所属事務所は10日、「ソン・イェジンがJTBCの新ドラマ『ご飯をよくおごってくれるキレイなお姉さん』(原題)にヒロインとして出演することが決定した」と発表した。ソン・イェジンも「久しぶりのドラマなのでわくわくしている。一生懸命に準備していい作品をお見せしたい」と、2103年のドラマ「サメ ~愛の黙示録~」以降約5年ぶりにお茶も間に復帰する感想を伝えた。


「ご飯をよくおごってくれるキレイなお姉さん」(原題)は、ただの知り合いだった2人の男女が恋に落ちていく物語を描く作品。「白い巨塔」「風の便りに聞きましたけど!?」「「妻の資格」「世界の終わり」「密会」を通じて深い意味と繊細な感覚を見せたアン・パンソク監督がメガホンを取り、さらに期待を集めている。
ソン・イェジンは同作品でヒロインのユン・ジナ役を演じる。ユン・ジナはコーヒー専門企業のスーパーバイザーで、仕事も恋愛も思い通りにいかないとがっかりしている30代の未婚女性だ。ある日、親友ソ・ギョンソンの弟ソ・ジュニが海外派遣から帰国。久しぶりにソ・ジュニと再会したユン・ジナは以前とは違う気持ちでソ・ジュニを見る自身の感情に気付いて驚くようになる。


ソン・イェジンは「刺激的ではなく、共感できる作品を探し続けていたが、このドラマが私が待っていた作品だった」と同ドラマを選択した理由を説明しつつ「久しぶりのドラマなので少し心配にもなるが、一生懸命に準備し、良い作品をお見せしたい」と覚悟を語った。


新ドラマ「ご飯をよくおごってくれるキレイなお姉さん」は3月に韓国で放送される予定だ。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10