写真提供:Tree J Company


「2018平昌冬季オリンピック」「2018平昌冬季パラリンピック」、開催地である江原道の広報大使を務める歌手で俳優のチャン・グンソクが、聖火リレーに参加することになった。


平昌五輪の開催を記念する聖火リレーにチャン・グンソクは1月29日(月)、江原道・春川市エリアのランナーとして走る予定。特に同エリアには、韓国、日本、中国を代表する各国の顔が総出動すると伝えられ、もっとも話題を集めており、チャン・グンソクが聖火リレーのランナーに抜てきされたことで、アジア中で活躍する彼の人気を実感させられる。


平昌五輪は世界の人々が一つになる祝祭であるだけに、今回チャン・グンソクの参加には深い意味があるとも言える。
ランナーとしてリレーに臨むことになったチャン・グンソクは、「聖火リレーには初めて参加するのでワクワクするし緊張もしているが、ギリシャから多くの方がともに意味を込めた聖火がより貴く輝くように一生懸命走りたい。そして、広報大使を務める江原道地域の春川で走るだけに、春川を聖火で温かく明るく照らすためにベストを尽くしたい」と抱負を語りつつ、「広報大使になって深い意味のあることに参加することができて楽しいし、やりがいを感じることがたくさんあって本当に大切な機会を与えられたなと思う。さまざまな広報活動の先頭に立つだけに、みなさんにはたくさんの関心と応援をお願いしたい」と、広報大使としての強い使命感を抱いていた。


五輪の広報に力を入れているチャン・グンソクは、比較的に観客数が少ないと言われている「2018平昌冬季パラリンピック」の成功のために、自ら2018枚のチケットを購入して2018人のファンを招待する企画を立てた。このニュースが日本のメディアで紹介されると、日本のファンから熱い声援が送られている。
さらにグンソクは、2018年1月1日に発売された日刊スポーツの紙面にて「あけましておめでとうございます」「2018年韓国で会いましょう」という直筆メッセージを載せ、広報大使としての役割に積極的に取り組んでいる。


一方、1月と2月に大阪、東京で「JANG KEUN SUK THE CRISHOW Ⅳ -Voyage-」の追加公演を控えているチャン・グンソクは、同公演でも平昌五輪をアピールする予定だ。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10