写真:tvN新ドラマ「花遊記」


FTISLANDのイ・ホンギが話題のドラマ「花遊記」に登場した。強烈なイメージの初登場シーンに視聴者の注目が集まっている。


イ・ホンギは25日に放送されたtvNの新ドラマ「花遊記」第2話で、韓国トップスターのP.Kで初登場した。イ・ホンギは同ドラマでトップスターとして活躍するP.Kでありながら女性を誘惑する豚の妖怪“猪八戒”を演じる。
2話で猪八戒は孫悟空(イ・スンギ)に、魅力的な血のにおいがする三蔵(オ・ヨンソ)のことについて聞くなど関心を表わした。また、写真の中に入ってしまった三蔵を助けようとする悟空に、写真の中に入る方法を親切に教えたが、戻ってくる方法を封鎖して悟空を裏切る内容も描かれた。


写真:tvN新ドラマ「花遊記」


ドラマ「花遊記」を通じて3年ぶりにドラマに復帰したイ・ホンギは、これまで以上の個性あふれる姿や愉快な魅力でドラマの“活力”になっている。放送後には視聴者からの評価も高く、これからの彼の活躍に期待を寄せる視聴者の意見が相次いだ。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10