写真:Label SJ


2年半ぶりとなるSUPER JUNIORの単独コンサート「SUPER SHOW7」がついに幕を開けた。


12月15日から17日の3日間、ソウルの蚕室室内体育館にて開催された「SUPER JUNIOR WORLD TOUR SUPER SHOW7」は、2万5千人の観客が場内を埋め尽くす大盛況となった。


SUPER JUNIORは同公演で、グローバルなシンドロームを巻き起こした「Sorry, Sorry」をはじめ「美人 (BONAMANA)」「Mr. Simple」などのヒット曲はもちろん、11月に発表した8枚目のフルアルバム「PLAY」のタイトル曲「Black Suit」や収録曲「Scene Stealer」「Too Late」「Runaway」「The Lucky Ones」など、デビュー13年目を迎えたSUPER JUNIORのヒストリーを振り返る多彩な選曲でコンサートを盛り上げた。この他、日本で発表したニューシングル「On and On」(12月6日ファンクラブ限定リリース)と、未発表曲「Super Duper」を披露し、熱い反響を呼んだ。


写真:Label SJ


写真:Label SJ


SUPER JUNIORは、「コンサートを準備している間、ずっと胸が高鳴っていました。みなさんと僕らの気持ちを確かめた時間になったようで、その意味も格別です。いつも応援してくれてありがとう。末永くともにできたらうれしいです」と、ファンへの思いを伝え、
これにE.L.F(ファン)は、「どこでもいいよ。一緒ならいいよ」「スジュ!やりたいことは全部やって」と書かれたプラカードをみせるサプライズで返した。


ソウル公演を大盛況のうちに終えたSUPER JUNIORは、1月27日シンガポール、同28日はタイのバンコクにて「SUPER SHOW7」を開催する。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10