© MBC


俳優ユ・スンホが君主の穏やかさの中に潜めたカリスマ性を披露した。


5月10日、初回放送予定のMBC水木ドラマ「君主-仮面の主人」(脚本:パク・ヘジン、チョン・ヘリ、演出:ノ・ドチョル、以下「君主」)では、朝鮮半島の水を私物化し、莫大な富と権力を得た組織「辺首会」に立ち向かう世子(王のあと継ぎ)の死闘と愛が描かれている。


ユ・スンホ、キム・ソヒョン、INFINITEエル、ユン・ソヒ、ホ・ジュンホ、パク・チョルミンなど、若手とベテラン俳優が一致団結したことで、「ファクション時代劇(ファクションとは、ノンフィクションとフィクションの中間のものの意)」が生まれることを予告している。ユ・スンホは同ドラマで、貧しい百姓を助けるため、「辺首会」に立ち向かう世子イソン役を演じていて、正義感溢れる君主としての一面が見られると期待されている。


今回公開されたスチール写真の場面は、今年の1月10日、京義道楊州で撮影されたものだ。ユ・スンホは、緊張した面持ちで撮影現場に登場したが、厳しい寒さにも動じず撮影に集中するなど、ドラマに対する熱意は途絶えていない。


ユ・スンホは、世子イソンの複雑な感情について、ドラマの監督と長時間かけて意見を交わし、休憩時間でも台本を持ち歩くなど、感情表現が難しい時代劇のセリフを念入りに確認していた。


ユ・スンホは「前作で時代劇に2度も出演したため、少し迷いもあったが、今回のドラマのシナリオがとても面白かった」とし、「世子イソンという人物キャラクター、そしてストーリー全体も非常に精密な作品だと思う。また、登場人物のキャラクターもそれぞれ特徴があって、全体的に興味深いものとなっている」と、ドラマへの出演を決心した理由を述べている。


さらに、共演者については、「キム・ソヒョンさん、ミョンス(INFINITE)兄さん、ユン・ソヒさん、ホ・ジュノ先輩、パク・チョルミン先輩、皆との相性が良く、すてきな方々と一緒に撮影できて幸せ」と述べた。また、「『君主』ならではの、視聴者を惹きつけるような魅力的なドラマとなっている。期待して欲しい」と述べた。


ドラマ制作側は、「ユ・スンホは初回の撮影から世子イソンを完璧に演じ、全ての裏方スタッフがその姿を見て感嘆した」とし「“ファクション時代劇”という独創的なジャンルに挑戦したユ・スンホがどのような姿を披露しているのか是非見て欲しい」と述べた。


ドラマ「君主-仮面の主人」は歴史的な事実を中心とする新たなジャンル「ファクション時代劇」として期待を集めている。ドラマ「自己発光オフィス」の終了後、5月10日に初回の放送日を迎える。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10