女優キム・ミニが世界3大国際映画祭の一つ「ベルリン国際映画祭」で主演女優賞を受賞した。


女優キム・ミニが世界3大国際映画祭の一つ「ベルリン国際映画祭」で主演女優賞を受賞した。


女優キム・ミニは18日、ドイツ・ベルリンで行われた第67回ベルリン国際映画祭で主演女優賞にあたる銀熊賞を受賞した。韓国俳優がベルリン国際映画祭で受賞したのは初めてで、世界3大映画祭(カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭)での受賞は10年ぶり。

 
キム・ミニが出演した作品は、ホン・サンス監督の新作「夜の浜辺で一人」。キム・ミニは、「招待してくださったベルリン映画祭側に感謝する。そして、とても美しい映画を作ったホン・サンス監督に感謝したい」とし「今日の映画祭で星のように輝く歓喜をプレゼントしてもらった。全ての審査員に感謝する」と感想を語った。特に、不倫説が報道されたホン監督については「尊敬し、愛している」と話し、大きく注目された。


一方、「夜の浜辺で一人」は同映画祭のコンペティション部門の公式招請作として上映され好評を得た。キム・ミニは同作品で、既婚の映画監督と恋に落ちた女優役を演じた。


THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10