© S.M. Entertainment


© S.M. Entertainment


© S.M. Entertainment


SMエンターテインメントの公演ブランド「SMTOWN LIVE」が、大阪公演を大盛況のうちに終えた。


16日~17日の両日間にわたり京セラドーム大阪で開催された「SMTOWN LIVE TOUR V in JAPAN」は、のべ9万人のファンを動員する高い人気を証明し、KANGTA、BoA、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXO、Red Velvet、SUPER JUNIOR-Mのヘンリ、チョウミ、TRAX、J-Min、NCTなどのSM所属アーティストが出演。およそ4時間の間に全56曲のステージを披露しながら現地ファンを魅了した。


特に、各チームは韓国および日本でのヒット曲ステージをはじめ、KANGTAxRed Velvetウェンディ&スルギが息を合わせた『人形』、SUPER JUNIORイェソンxウェンディの『Spring in me』、SUPER JUNIORリョウクxf(x)ルナの『Beauty And The Beast』、少女時代ソヒョンxf(x)エンバxRed Velvetスルギの『Bang Bang』、EXOチェンxRed Velvetアイリンの『Lil’ Something』など、多様なコラボステージを披露。少女時代のスヨンxヒョヨンxユリは『Yeah! Meccha Holiday』、f(x)のルナxエンバの『Wave』ステージまで、「SMTOWN LIVE」ならではのスペシャルライブが繰り広げられ、観客らの視線を釘付けにした。


また、今回の公演では、グループはもちろん、ソロとしても活躍したSUPER JUNIORのリョウク、イェソン、キュヒョン、少女時代のティファニー、テヨン、SHINeeのジョンヒョン、テミン、f(x)のルナ、エンバ、SUPER JUNIOR-Mのヘンリー、チョウミが魅力あふれるソロステージを披露し熱い反応を寄せていた。


公演場を訪れた日本のファンらは、各アーティストのペンライトと一緒に名前、写真などが入ったプラカードで公演の最後まで情熱的に応援し、フィナーレを飾った『Hope』のステージでも声援と拍手を惜しまなかった。


一方、「SMTOWN LIVE TOUR V in JAPAN」の東京公演は、8月13~14日に東京ドームで開催される。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10