SBS新月火ドラマ「ドクターズ」の制作発表会が15日午後、SBS木洞社屋で行われた。写真は同ドラマの男女主演を演じるパク・シネとキム・レウォン(右)|イ・ドクイン記者


俳優キム・レウォンと女優パク・シネの初共演で期待を集めているSBS新月火ドラマ「ドクターズ」のオ・チュンファン監督が、主役らを絶賛した。


15日午後、ソウルのSBS木洞社屋で、「ドクターズ」(脚本:ハ・ミョンヒ、演出:オ・チュンファン、パク・スジン)の制作発表会が行われた。
会見でオ監督は、俳優たちとのチームワークを聞く質問に、「まずパク・シネは、午前から午後にかけて美談を作っている」と述べつつ、「私がドラマを演出する仕事に携わってから、初めて“この人がうまくいってほしい”という気持ちにさせてくれた」と絶賛し、「それだけに一生懸命撮影に励んでいる」と話した。


イ・ソンギョンとユン・ギュンサン(右)|イ・ドクイン記者


パク・シネ演じるヒロインのユ・ヘジョンとライバル関係になるチン・ソウ役のイ・ソンギョンについては、「男性スタッフがファンの気持ちになって熱心に撮影している。演技的に期待できる部分が多い」と、彼女の演技変身を予告した。


男主人公ホン・ジホン役を演じるキム・レウォンについては、「彼の演技をみて、命をかける覚悟で演出をしなきゃって考えていたが、いざ現場で会ったら“爽やかくん”だった。良い俳優と仕事ができることで、ドキドキしている」と感想を伝えた。
また、チン・ソウの片思いの相手で、ジホンと同じ病院で働くチョン・ユンド役のユン・ギュンサンは、「『六龍が飛ぶ』のシン・ギョンス監督から、魂がきれいな俳優と聞いていた。その通り、周りの人たちを気楽にしてくれるし、頼もしい存在だ」と絶賛した。


新ドラマ「ドクターズ」は、問題児から一人前の医者に成長するユ・ヘジョンと、医師としての正義のために黙々と前へ進んでいくホン・ジホンが、師弟関係から医者の先輩後輩で再会し、人生においてたった一度の恋を実っていく物語を描く作品。
「温かい一言」「上流社会」「私たち結婚できるかな?」を手がけたハ・ミョンヒ脚本家と、「星から来たあなた」「家族の誕生」などを演出したオ・チュンファン監督が意気投合した。
6月20日(月)夜10時より、韓国SBSチャンネルにて初放送。


THE FACT|キム・ギョンミン記者


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10