俳優ソン・ジュンギが韓国消費者の広告モデル好感度を調査する「広告モデルブランド評判」で3カ月連続1位を達成した。


俳優ソン・ジュンギが韓国消費者の広告モデル好感度を調査する「広告モデルブランド評判」で3カ月連続1位を達成した。


28日発表された韓国企業評判研究所の「広告モデルブランド評判」5月調査によると、ソン・ジュンギはトップを獲得した。今年3月から3カ月連続1位となる。
「広告モデルブランド評判」は、韓国の各ブランドのビッグデータ を集めて消費者の行動を分析し、広告モデルに対するコミュニケーション指数や評判指数などを算出してランキングにする調査で毎月発表されている。
ソン・ジュンギは主演ドラマ「太陽の末裔」の大ヒットで人気絶頂期を迎えており、広告モデルとしての好感度も当分高いレベルを維持するとみられる。


今回の調査でソン・ジュンギに続き2位を記録してのはMLBで良い成績を出している野球選手イ・テホだった。3位は女優キム・ゴウン。4位と5位はAOAのソリョンと料理研究家のペク・ジョンウォンが獲得した。先月まで2位を記録した女優ソン・ヘギョは6位にとどまった。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10