© 2015 SHOWBOX AND CAPER FILM ALL RIGHTS RESERVED.


昨年韓国で1,270万人の動員を記録し大ヒットした話題作、『暗殺』の日本公開が7月16日に決定した。
 

1933年中国・杭州に設けられた韓国臨時政府は、日本政府要人と親日派を暗殺するため、独立軍最高のスナイパーのアン・オギュン、速射砲、爆弾専門家の3名を上海に結集させる。臨時政府の警務隊長で、日本政府の密偵であるヨム・ソクチンは、彼らを招集する一方、仲間と政府を裏切り、巨額の報酬でハワイ・ピストルと呼ばれる殺し屋に暗殺団3名の殺害を依頼する。ヨムの画策を知らぬまま、暗殺実行のため、上海から京城(現・ソウル)へと送り込まれた彼らには、非情なまでの運命が待ち受けていた…。


本作は、2015年夏に韓国で公開され、歴代興収TOP10に入る、1270万人を動員する大ヒットを記録し、青龍映画賞作品賞受賞するなど、昨年の映画賞を席巻した話題作!
独立軍最高のスナイパーを演じるのは、『猟奇的な彼女』『10人の泥棒たち』で日本でも人気の高いチョン・ジヒョン。冷徹な臨時政府の警務隊長には、『新しき世界』や『10人の泥棒たち』での熱演が記憶に新しいイ・ジョンジェ、さらに、独立軍の暗殺を依頼される殺し屋”ハワイ・ピストル”役を、『テロ,ライブ』『ベルリンファイル』など、出演作が必ずヒットすると言われるハ・ジョンウが演じ、それぞれ圧倒的な存在感をみせる。さらに、イ・ギョンヨン、オ・ダルス、チョ・ジヌン、チョ・スンウなど韓国映画界を代表する実力派俳優が脇を固める。

 
監督は、『10人の泥棒たち』で一躍ヒットメーカーに躍り出た、チェ・ドンフン。祖国独立への強い信念と裏切りが交錯する混沌とした時代の中で、名前を残さず消えていったレジスタンスたちの運命をドラマティックに描き出す。

そして今回解禁となった日本版ポスタービジュアルは、1930年代の街並を背景に、チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、ハ・ジョンウが強い眼差しで銃を構える姿が印象的なデザイン。「裏切りか、信念かー」というコピーが示す、3人が辿る過酷な運命とは? 本編への期待が高まる、緊張感あふれるビジュアルになっている。


監督・脚本:チェ・ドンフン『10人の泥棒たち』  
製作:アン・スヒョン、チェ・ドンフン 脚本:チェ・ドンフン、イ・ギチョル 撮影:キム・ウヒョン
出演:チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、ハ・ジョンウ、オ・ダルス、イ・ギョンヨン、チョ・ジヌン、チェ・ドクムン
【2015年/韓国/139分/5.1chデジタル/カラー/原題:암살/字幕翻訳:小寺由香】
配給:ハーク© 2015 SHOWBOX AND CAPER FILM ALL RIGHTS RESERVED.  


7月16日(土)シネマート新宿ほか全国順次公開



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10