写真提供:イーマート


百貨店でお馴染みの新世界系列ディスカウントストアのイーマート(emart)が、SMエンターテインメントとのコラボレーション商品を発売した。


イーマートは3日から韓国の全国約140店におよぶ店舗とネットショップに、イーマートxSMのコラボレーションによる「東方神起・トリュフローズチョコレート」「SUPER JUNIOR・ハバネロカップ麺」「少女時代・チーズキャラメルミックスポップコーン」「SHINee・デイリースパークリングレモン」「EXO・手打ちジャージャー麺」などSMアーティストのイメージを盛り込んだ全14種類の商品を発売した。


イーマートは昨年の8月から「イーマート発明プロジェクト」を実施し、これまでとは違う自社ブランド商品(PL)開発に力を入れてきた。
このプロジェクトは、「世の中になかった商品と価額」を作り、新しいイーマートを発明するという全社的な革新キャンペーンで、顧客に新しいサプライズを提供しながらイーマートを常に期待される場所にするという意味を込めている。すでにPEACOCK、ノーブランドなどの自社開発商品を持っているイーマートだけに、今回は、顧客により新しい経験と期待を提供するためにSMとのコラボ商品を開発することに至った。


イーマートの関係者は、「自社の流通ノウハウと、SMエンターテインメントのコンテンツパワーを融合すれば、長期的に両社が新しい機会を提供できると判断した。今後はアーティストを基盤とする無形の商品開発まで範囲を広めていく計画」と伝えた。


特に、今回のコラボは、自分が好きなスターに対する思い出と、韓国の食べ物を同時に手に入れられるという“マストハブ(must have)商品”を生み出したことで、韓国だけではなく、外国人の観光客にも十分にアピールできるものとイーマート側は観測しており、将来的には海外市場への進出も検討しているという。


イーマートは、今年の上半期中にSMエンターテインメントとのコラボ商品を40種類まで増やす計画だ。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10