KBS2TV「武林学校」第2次予告編より


KBS2TVの新月火ドラマ「武林学校」(脚本:キム・ヒョンヒ、ヤン・ジナ、演出:イ・ソヨン)の予告編第2弾が公開された。


25日、「武林学校」の制作陣は、2016年1月11日に初放送を控えているドラマの新しい予告編を公開した。
「こんな学校、みたことある?」というキャッチコピーとともに繰り広げられる映像には、その言葉通り特別な物語が展開される。


教室でペンではなく、棒を持って対決する武林学校のイケメン先輩、ユン・シウ(イ・ヒョヌ)とワン・チアン(VIXXホンビン)。そして、その周りを囲み、2人を興味深く見守っている生徒たちは、就職のためにスペックを詰めていく最近の大学生たちとは全く違う。
このすべては、「スペックではなく、内攻を鍛えて歪んだ世の中に立ち向かえられる方法を教える」という武林学校の校長、ファン・ムソン(シン・ヒョンジュン)の教育哲学があるからだ。


制作陣は、「それぞれの夢を持って武林学校に集まった若者たちの物語が、予告編を通じて少しずつ公開されている。30秒の映像だけをみても、ユニークな魅力が伝わってくるが、予告編は前哨戦にすぎない。放送が始まったら、個性の強い武林学校の生徒たちと教授たちの物語に、皆さんはきっと夢中になられると期待している」と自信をみせた。


就職やスペック作りが目的ではない、正直、信義、生存、犠牲、疎通、人間関係など、社会人として厳しい世の中に立ち向かえられる徳目を教えてくれる「武林学校」は、青春アクションドラマとして、企画段階から世界の視聴者たちをターゲットにして、文化を交流できるグローバル的な競争力を極めるために制作する作品。
「童顔美女」、「総理と私」、「ドラマスペシャル-あなたのノワール」などを手がけたイ・ソヨン監督が演出を担当。2016年1月11日に初放送される予定だ。


THE FACT|キム・ミンジ記者



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10