JYJのキム・ジュンスがチームリーダーを務める韓国芸能人サッカーチーム「FC MEN」が9月21日、横浜スタジアムにて吉本興業所属のLove Me Doが団長となったチーム「Love Me JAPAN」と「FIGHTINGHERO FCMEN JAPANチャリティーマッチ」を開催した。|写真:野﨑友子


JYJのキム・ジュンスがチームリーダーを務める韓国芸能人サッカーチーム「FC MEN」が9月21日、横浜スタジアムにて吉本興業所属のLove Me Doが団長となったチーム「Love Me JAPAN」と「FIGHTINGHERO FCMEN JAPANチャリティーマッチ」を開催した。


「FC MEN」のチームで今回参加したのは、ジュンスをはじめBEASTのユン・ドゥジュン、イ・ギグァン、大国男児のカラム、俳優のヒョヌ、パク・ゴニョン、K-MUCHのキュらのほか、CRAYON POPのソユルがマネージャーで参加。一方、「Love Me JAPAN」チームには、Love Me Doのほか、元日本代表の秋田豊やタレントのJOYらが登場した。


JYJのキム・ジュンス|野﨑友子


「FC MEN」はこれまでもチャリティーマッチを開催しており、2戦2勝。今度こそは、と意気込んだ日本チームだったが、日本なのに完全アウェー状態。今回も結果は1-0で「FC MEN」が辛くも勝利した。


会場に応援に訪れた観客が期待したのはもちろんジュンスの活躍する姿。しかし、残念ながら今回の試合では、前半の終盤で足を痛めたこともあって、ジュンスが目立ったパフォーマンスを見せることはできなかった。それでも、代わりにイ・ギグァンがハッスルプレーを見せるなど、「FC MEN」の盛り上がるシーンは何度か訪れた。


BEASTのユン・ドゥジュン(下)とイ・ギグァン|野﨑友子


はっきり言って、ファンにとって勝ち負けはそれほど重要ではない。ジュンスの躍動する姿、喜びの表情、残念がる表情、汗、笑顔、涙などを見るために来ている。それらは、ステージでアーティストとして見せるそれらとは、全然違う香りがするものだ。それをわかっていたジュンスは、痛めた足をアイシングしながらも、後半も出場し、疲れと痛みを抱えながらも精いっぱいプレイした。その気持ちが認められたのか、試合後の表彰式ではベストプレーヤー賞を受賞した。なお、その他の受賞は、MVPをゴールを決めたキム・ウンフが、秋田豊が選手時代に受賞したことがないというフェアプレー賞を、JOYが敢闘賞を受賞した。


JYJのキム・ジュンス|野﨑友子


表彰式後、ジュンスは観客の近くまで行き場内をぐるり回り、ファンに笑顔であいさつし、感謝の気持ちを示した。今回のチャリティーマッチイベントは、サッカーの試合をするのみで、ライブパフォーマンスなどはなし。それでも、数千人を超えるファンが応援に訪れたのは、ひとえにジュンスへの愛情の表れだということをもちろん本人はわかっているからだ。ジュンスのサッカーも、日本ではしばらく見られないかと思うと寂しいが、いつか、また大好きなサッカーをする姿を見せてくれることを楽しみに待ちたい。



THE FACT JAPAN|野﨑友子

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10