女優に変身したガールズグループKARAの元メンバー・知英が、日本での生活を打ち明けた。


女優に変身したガールズグループKARAの元メンバー・知英が、日本での生活を打ち明けた。


知英は17日、ソウルのロッテシネマワールドタワー店で開かれた映画「暗殺教室」の記者懇談会に出席し、過去1年間の日本生活を聞く質問に「さびしかった」と述べた。


知英は「日本ではさびしい日が多かった。1年間、本当に孤独で大変だった」と打ち明けた。しかし、知英は「家族や友人たちが大きな力になった」とし「たくさん学んで成長できだ時間だった」と答えた。
2008年KARAのメンバーとして芸能界デビューを果たした知英は昨年、事務所との専属契約が終了となったのをきっかけにグループを脱退した。その後、日本の事務所と契約した知英は、映画「暗殺教室」を通じてスクリーンにデビューした。


一方、映画「暗殺教室」は、賞金100億がかかった正体不明の怪物先生、殺せんせーの暗殺をめぐって繰り広げられる問題児集団3年E組の生徒たちの物語を描いた作品。知英は、金髪のセクシーな女教師のイリーナ・イェラビッチに扮した。「暗殺教室」は来る27日韓国で公開される予定。


THE FACT|パク・デウン記者

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10