俳優キム・スンウが韓国版「深夜食堂」の出演を検討中だ。|THE FACT DB

 

俳優キム・スンウ(46)が韓国版「深夜食堂」のマスター役を検討中だ。ドラマは韓国の地上波SBSが6月放送を目標しており、毎週土曜日の深夜ドラマとして編成される見込み。


キム・スンウ側の関係者は5日、ドラマの出演可否について「慎重に検討しているところ」と伝えており、リメイク版の制作側は「キャストが決まったら正式に発表する予定」と明らかにした。
今回キム・スンウが出演を決定すると、2013年ドラマ「IRIS-アイリス2-」以来2年ぶりのドラマ復帰となる。


「深夜食堂」は、安倍夜郎による日本の漫画作品。2006年10月に小学館の漫画雑誌「ビッグコミックオリジナル増刊」に初登場し、以降2007年8月からは「ビッグコミックオリジナル」で連載されている。シリーズ累計230万部が発行された、日本では国民的“食”コミックでもあり、2009年10月からはTBS系列ドラマとして制作。シーズン3まで放送されながら、今年の1月には映画版が公開され、現在も大ヒットを記録中である。


今回制作される韓国リメイク版は、ドラマ「その冬、風が吹く」を手がけたプロダクション・風が吹くが担当。ドラマ「宮~Love in Palace」(06)、「一枝梅」(08)、「イタズラなKiss」(10)、「ラブ・アゲイン症候群」(12)などを演出したファン・インロェ監督がメガホンをとることになった。


THE FACT JAPAN

 

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10