© S.M. Entertainment

 

SUPER JUNIOR-D&Eが福岡公演を最後に、2度目の日本ツアーを成功的に終えた。


「SUPER JUNIOR D&E JAPAN TOUR 2015 -Present-」は、今月3日に開催されたさいたま公演を皮切りに、大阪、名古屋、福岡など、日本4都市にて全10公演を展開し、計10万人のファンを動員しながらSUPER JUNIOR-D&Eの人気を実感させた。

 

© S.M. Entertainment

 

今回フィナーレを飾った福岡公演は22日~23日の両日間にわたってマリンメッセ福岡で開催され、SUPER JUNIOR-D&Eの多彩な音楽とパフォーマンス、華麗なステージ演出が合わさった幻想的なコンサートで、場内を埋め尽くした日本ファンらを大きく熱狂させた。


同公演でSUPER JUNIOR-D&Eは、『Oppa, Oppa』『I WANNA DANCE』『MOTORCYCLE』などの日本ヒット曲はもちろん、日本アルバムのタイトル曲『Saturday Night』をはじめ、『SKELETON』『WINE』『GIFT』などの収録曲も披露。3月に韓国で発表した1stフルアルバムのタイトル曲『Growing Pains』の日本語バージョンを含む『The Beat Goes On』『Mother』のステージまで、約3時間の間に全24曲を熱唱しながらファンを魅了した。

 

© S.M. Entertainment

 

また、今回の公演実況は、同22日に韓国、日本、チリなどの3カ国にて「SURROUND VIEWING」で上映。ソウルの江南にあるSMTOWN @ coexartium、長崎のハウステンボス内のSMTOWN THEATRE、チリのサンティアゴにあるESPACIO RIESCO内のPabellon 4などで見られた公演のもようは、まるで現場にいるようなリアル感を与えながら、現地ファンの間で大きな話題を集めた。


一方、SUPER JUNIOR-D&Eは4月1日に日本でのミニアルバム「Present」を発売し、オリコン・週間 CDアルバムランキング(4/13付け)で2位を記録した。


THE FACT JAPAN

 

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10