俳優リュ・シウォンが、最高裁の判決に対して公式的な立場を伝えた。|イ・セロム記者

 

 妻への暴行および脅迫、位置追跡装置(GPS)の違法設置などの容疑で起訴された俳優のリュ・シウォン(42)が、最高裁からの罰金700万ウォンの有罪判決に対して、公式的な立場を伝えた。


4日午後、リュ・シウォンは所属事務所のR'sカンパニーを通じて「期待していただけに、失望することはどうしようもないことだ。これ以上僕の家庭事情が世間の話題にならなければ良いのだが、それも欲である」と述べつつ「夫、家長として至らない人だったかもしれないが、決して恥ずかしいことはしなかった。嘘が真実になることを受け止めることは厳しい。よくないことでこのような話を申し上げることが遺憾であり、申し訳ない」と心境を打ち明けた。


彼の立場とは別に、所属事務所側は「一部のメディアは、彼が妻のチョ氏を数回に及んで殴ったというチョ氏の主張を、裁判所がまるで事実と判断したかのように報道しているが、裁判所は“暴行の直接的な証拠はないが、たとえ微弱でも状況がそう見えかねない”と判決したのである」と説明した。また「公訴事実が有罪という部分で、顔を数回殴られたというチョ氏の主張が認められたわけではない。必要であれば問題になっている部分の録取を聞かせることも考慮している」と強調した。


最高裁1部(主審 キム・チャンソク大法官)は、この日に行われた上告審で、リュ・シウォン側の上告を棄却し、罰金700万ウォンの原審判決を確定した。


リュ・シウォンは2011年の5月に起訴された。一審で罰金刑の有罪判決を言い渡された彼はすぐ控訴したが、控訴審でも判決は変わらなかった。当時リュ・シウォンは控訴審を終えて「暴行犯の父親にならないために、最後まで真実を明かすことを諦めない」と上告したが、最高裁は有罪と判決した。


一方、リュ・シウォンとチョ氏はこの刑事事件とは別件で離婚訴訟を続けている。今回の判決が出る前、離婚調停に臨んだが、成立されない結果となった。


THE FACT|イ・ゴンヒ記者

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10