米国ビルボードが楽童ミュージシャンの『Give Love』のミュージックビデオを高く評価した。|YGブログ


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] 米国ビルボードが楽童ミュージシャンの『Give Love』のミュージックビデオを高く評価した。


5日(現地時間)、ビルボードは楽童ミュージシャンの1stアルバムの三つ目のリード曲『Give Love』とミュージックビデオを紹介しながら、「楽童ミュージシャンが公開する奇抜な3番目のミュージックビデオ」という表現を使い、「『200%』とは異なる別の軽快な味がある」と評した。


また、同メディアは「『Give Love』は、楽童ミュージシャンが直接決めた『Melted』と所属事務所YGエンターテイメントが挙げた『200%』に続く3度目のリード曲で、大衆が直接定められた曲だ」と説明し、「『Give Love』は、今回のアルバムの他の収録曲よりもはるかに優れたチャート成績を収めた。これにより、3度目のリード曲になった」と付け加えた。


ビルボードは、『Give Love』のミュージックビデオを分析しながら、楽童ミュージシャンへのあふれる愛情を示した。同メディアは「楽童ミュージシャンの今回のミュージックビデオは、『200%』のラブストーリーラインを継続する内容」とし、「楽童ミュージシャンのイ・スヒョンが片思いしているように見えた彼女は、実は、実の妹だった」とドン転返しのポイントを明らかにした。そして、「第3のラブストーリーがまた出てくるのか」と質問しながら、次のミュージックビデオへの期待を示した。


先月7日、新曲の音源を発表した楽童ミュージシャンは、一ヶ月が経過した現在まで音源チャート上位圏に上がっている。

 

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10